浴室暖房をつければ冬場でも骨の芯まで温まる

作業者

形状が様々あります

工具

風呂ふたはお湯が冷めるのを防止する役割があることから、必要なアイテムです。このため、手入れのしやすさやスペースの問題などを考えて風呂ふたを選択することが大切です。蛇腹タイプやフラットなタイプなど現在では選択の幅が広いのが特徴です。

カビの生えたふたを交換

浴室

現在では大半の住宅で浴室を備えるのが一般的となりましたが、日本独特の入浴文化には風呂ふたも欠かませんせん。湯を冷めにくくする風呂ふたにカビが生えた場合は、廃棄して新しいふたと交換した方が衛生的です。市販品で対応できないような特殊な形状の風呂ふたでも、専門業者ならオーダメイド製作を請け負ってくれます。

設置の際に困ったら

入浴

お風呂は多くの住宅に設置されているもので、毎日のように利用するという人も少なくないです。体を綺麗に洗ったりお湯にゆっくり浸かったりするのは、とても気持ちの良い時間だと言う事が出来ます。しかし冬場のお風呂場というのは非常に寒い事も多く、裸でお風呂場に入ってその寒さに驚く事も少なくないです。このお風呂場の寒さがひどいとお湯の温度があっという間に下がりますし、体を洗っている時に体が冷えてしまいます。また浴槽のお湯の温度との落差が激しくなるので、場合によってはヒートショックが起きる恐れも出てきます。ヒートショックとは暖かい所から急に寒い所に移動した時に、その温度差に心臓が耐えられなくなるという現象です。ひどい時には命に関わる可能性もあるので、このお風呂場の温度差は出来るだけ小さくするのが望ましいと言えます。お風呂場を温める具体的な方法の一つに浴室暖房があり、実際に浴室暖房を使っている人も多くいます。浴室暖房とは電気等の力を利用してお風呂場全体を暖める装置の事で、この設備があれば暖かなお風呂場で体を洗ったりする事が出来ます。浴室暖房の設置は素人が行うのは難しいので、専門の施工業者に依頼するのが基本となっています。現在ではこうした業者が多く存在しているので、必ず信頼出来る業者か確認してから依頼するのが望ましいです。信頼出来る業者か否かの見分け方としては、料金設定が明朗で適正であるかや施工後の保証がどうなっているか等を確認するのが良いと言えます。

湯船を覆うふた

お風呂

風呂ふたは、湯船のお湯が冷めることを防ぐために使用します。ロールタイプや折りたたみタイプのものがあり、いずれも軽量で、使用しない時にはコンパクトサイズにすることができます。凹凸がなく手入れしやすい、ボードタイプの風呂ふたもあります。状態が悪くなった場合は、サイズが合うものに買い替えることが必要です。